東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

アマゾンの即日配送から撤退 ヤマト、負担軽減で検討

 宅配便最大手のヤマト運輸が、インターネット通販最大手アマゾンから受託する即日配送からの撤退を視野に検討していることが七日、分かった。夜間に配達する荷物が増える原因となっており、ドライバーの負担を減らす必要があると判断。即日配送の受託を徐々に減らし、将来なくす方向とみられる。通販各社のサービス見直しにつながる可能性がありそうだ。

 アマゾンは年会費三千九百円の有料会員に対し、最も早い場合は注文が確定した当日に配送するサービスを展開。荷物の到着時間が午後九時以降になることがあるため、即日配送を担うヤマトのドライバーの長時間労働を招いていた。

 ヤマトは三月、ネット通販など大口の法人契約を見直し、取り扱う荷物の量を減らすと表明。運賃の値上げを受け入れない大口顧客との契約を一部打ち切ったり、繁忙期の配送日を分散するよう求めたりして、宅配便の総量を抑えることを検討していた。

 ヤマトは採算の改善を目指し、九月までに個人が送る荷物を含めた運賃を二十七年ぶりに値上げする方針。宅配便の九割をネット通販など法人契約が占めており、これまで荷物の量によって値引きしてきた。アマゾンとも値上げ交渉入りしている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報