東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

NY自動車ショー開幕 ホンダ、PHVとEV披露 トヨタはコンセプトカー

写真

 【ニューヨーク=東條仁史】ホンダは12日、米ニューヨークで開幕した「ニューヨーク国際自動車ショー」で、家庭用電源から充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)「クラリティ プラグインハイブリッド」=写真=と、電気自動車(EV)「クラリティ エレクトリック」を発表した。トヨタ自動車は、小型スポーツタイプ多目的車(SUV)のコンセプト車「FT−4X」を披露した。

 ホンダのPHVは、モーターでの走行距離は約67キロ、ガソリン1リットル当たりの走行距離は約45キロでいずれもこのクラスでは最高の水準を実現した。EVの走行距離は130キロ弱。急速充電を使用すると、30分間で80%程度充電できる。

 トヨタの「FT−4X」は米国で人気のSUVベースで、都市部に住む若年層をターゲットにしている。同ショーは12、13日が報道公開で、14日から23日まで一般公開される。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報