東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

アマゾン、生鮮食品はじめます 独自の物流網で注文→配達を最短4時間

 アマゾンジャパンは二十一日から、有料会員向けに野菜や果物、精肉や鮮魚などの生鮮食品約一万七千点の販売を本格的に始める。これまでは飲料や菓子など賞味期限が比較的長い食品が中心だった。当初は東京都の港区や墨田区など六区が対象だが順次広げ、流通各社が力を入れるネットスーパーに対抗する。

 新サービス「アマゾンフレッシュ」は年会費三千九百円の「プライム」会員向け。利用には追加で月額五百円かかる。配送料は五百円で、買い物額六千円以上で無料になる。午前八時から深夜零時までの間、二時間ごとの枠で時間指定でき、注文から最短四時間で配達される。昼の注文が夕食前に届くようにした。

 川崎市の物流倉庫に温度管理ができる設備をつくった。中小の宅配業者と連携し独自の配送ネットワークを活用する。アマゾンフレッシュは米国で二〇〇七年に開始し、日本は英国に続き三カ国目。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報