東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

「リバティ」出発進行! 東武鉄道が新型特急

(左から)墨田区の山本亨区長、台東区の服部征夫区長、大阿久信二浅草駅長の合図で出発する東武鉄道の新型特急「リバティ」=21日午前6時31分、東京都台東区の東武浅草駅で

写真

 東武鉄道の26年ぶりの新型特急車両となる「リバティ」が21日のダイヤ改正に合わせて運行を開始し、出発式が浅草駅と東武日光駅で行われた。

 リバティは途中駅での切り離しに対応した車両。浅草発の初列車は東武日光行きの「リバティけごん1号」と会津田島行きの「リバティ会津101号」をつなげた状態で、午前6時半に満席の乗客を乗せて出発した。

 浅草駅での出発式には同社の根津嘉澄(よしずみ)社長をはじめ台東区の服部征夫(ゆくお)区長、墨田区の山本亨(とおる)区長らが出席。根津社長は「速達性と快適性を持った特急というコンセプトで開発した。さまざまな目的地へ向かうお客さまを乗り換えや待ち時間なくご案内できるようになる」とあいさつした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報