東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

ヤマト 運賃最大20%上げ 最終調整 9月、個人含む全顧客

 宅配便最大手のヤマト運輸が九月に基本運賃を最大20%程度引き上げる方向で最終調整していることが二十五日、分かった。個人を含め全ての顧客が対象となる。値上げは消費税増税時を除くと二十七年ぶり。ヤマトは既に再配達の受付時間を繰り上げるなどサービスの縮小を始めている。値上げで消費者は負担が増す一方、利便性は低下する。

 近く正式に発表する。インターネット通販の拡大による荷物の急増でヤマトは人手不足に陥っている。値上げで得た資金を労働環境の改善やサービスの維持に充てる。人手不足は業界に共通しており、最大手のヤマトが値上げに踏み切ることで他社が追随する可能性もある。

 現在の基本運賃は荷物の発送地と届け先、大きさによって定めている。発着地が同じ地域で縦、横、高さの合計が六十センチ以内、重さ二キロまでの最も小さいサイズの場合は七百五十六円。今回調整している値上げ幅は5〜20%で大きさによって決める。最小サイズでは九百円程度になりそうだ。

 ヤマトは値上げの検討に伴い、大口の法人契約を見直して荷物の総量を抑える。既にネット通販最大手アマゾンなどと値上げ交渉をしており、受け入れない顧客との契約は一部打ち切る方針だ。

 ヤマトが二〇一六年度に扱った宅配便は、過去最高の約十八億七千万個に上った。ネット通販で購入する日用品など小型の荷物を中心に増えた。受取人が不在の場合の再配達も多く、採算の悪化に陥り、長時間労働が常態化していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by