東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

高くても愛犬になら惜しくない!? 高級ドッグフード市場にイオン参入

写真

 流通大手のイオンは栄養バランスや無添加に配慮した高級ドッグフード市場に参入する。愛犬を家族の一員と捉え、健康や長寿につながる出費なら惜しまないという飼い主が増えている。景気の足踏みが続き、消費者の節約志向は強いが、需要が見込めると判断した。

 ペット用品専門店のイオンペット(千葉県市川市)が全国で展開する約180店で、27日からプライベートブランドで売り出す。高級ドッグフードは米国やフランスの製品が主流だが、日清製粉グループの日清ペットフード(東京)と共同開発し、国産にこだわった。

 脂質やビタミンなどの成分が異なる成犬、7歳以上、11歳以上用の3種類。いずれも800グラム入りで約1500円と、ホームセンターなどに多く並ぶ普及品の約3倍だ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by