東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

佐川、宅配便運賃値上げ 個人向けは「検討外」大口顧客には要請

 佐川急便を傘下に持つSGホールディングス(HD)の中島俊一取締役は一日の決算会見で、大口顧客に対し宅配便の運賃値上げを要請していることを明らかにした。個人を含めて全ての顧客が対象となる基本運賃の値上げは「検討していない」と説明した。

 大口顧客との運賃交渉を進め、二〇一八年三月期に宅配便の荷物一個当たりの平均単価を前期より七円引き上げ五百十八円程度にしたい考えだ。中島氏は「運賃の適正化について引き続き取り組んでいる」と強調した。

 同社の宅配便単価は一三年三月期に四百六十円まで低下したが、一三年にインターネット通販大手アマゾンとの取引を停止してから四年連続で上昇し、一七年三月期には五百十一円にまで上がっていた。

 宅配便を巡っては、ヤマト運輸が基本運賃を九月までに改定し、荷物のサイズに応じて税抜きで最大百八十円値上げすると発表。大口顧客にも九月までに要請する。日本郵便もネット通販などに対して引き上げを求めている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by