東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

米の対日赤字額 9年ぶり高水準

 【ワシントン=共同】米商務省が四日発表した三月のモノの貿易収支(通関ベース)によると、日本に対する赤字は前月比55・0%増の七十二億四千万ドル(約八千二百億円)だった。赤字額は二〇〇八年四月以来約九年ぶりの高水準。赤字拡大は三カ月ぶり。自動車・同部品の輸入が増えた。対中赤字も拡大した。国別赤字額で日本は二月の三位から、メキシコを抜いて中国に次ぐ二位に順位を上げた。米政府が日中に赤字縮小を促す可能性が一層高まった。

 トランプ政権は「公正な貿易」を掲げ、中国や日本などに対する貿易赤字を削減したい意向。日本に対しては農産物の輸入拡大を迫り、中国に対しては鉄鋼製品など過剰供給品を安価に輸出しないよう圧力をかけていく方針だ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by