東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

日中が財務対話 共同研究で合意 過剰生産など対象

 日中両政府は六日、横浜市で閣僚ら財政当局幹部が政策運営を協議する「日中財務対話」を約二年ぶりに開き、経済や金融分野での協力関係を一層推進することを確認した。今後、相互に関心があるテーマについて共同研究を進める。中国の過剰生産の解消や構造改革などが対象になるとみられる。金融危機時の外貨不足に備えた通貨交換協定など具体的な政策の進展はなかった。

 対話には麻生太郎財務相や中国の肖捷(しょうしょう)財政相、両国の財政当局者のほか、今回初めて中央銀行幹部も参加した。

 麻生氏は会合後、記者団の取材に応じ「経済政策や構造問題に関する経験を共有し、金融協力の必要性について再確認できたのは有意義だった」と強調した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報