東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

アジア新基金に45億円 麻生氏ADB総会で表明 インフラ整備に

 麻生太郎財務相は六日、横浜市で開かれているアジア開発銀行(ADB)の年次総会で演説し、アジアで質の高いインフラを整備するためADBの新基金に二年間で四千万ドル(約四十五億円)を拠出する方針を表明した。ADBには地域の開発を主導するよう促した。一方、中国の肖捷(しょうしょう)財政相は自国の掲げる現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」へのADBの協力を求めた。

 麻生氏は、途上国のインフラ整備にアジアでは今後十五年間で二十六兆ドル(約二千九百兆円)が必要になると指摘し「インフラ整備を推進するとともに、質を高めることが重要だ」と述べた。新基金を通じ、鉄道や再生可能エネルギー事業で高度な環境技術を導入する際などの追加費用を賄う。「(ADBは)域内の発展で中核的な役割を果たし続けてほしい」とも語った。

 アジアが抱える課題として、自然災害や感染症などを挙げ「ADBは新たな社会問題に対するノウハウを強化し、意味ある貢献をしてほしい」と強調した。通貨危機時に円を融通する枠組みの創設などで「アジア経済の強靱(きょうじん)性をさらに強化する」とも強調した。

 肖氏は「一帯一路」について、ADBが協力すれば「効率良くアジア全体を発展させていける」と指摘した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by