東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

東電、家庭向け都市ガス料金プラン発表 電気とセットで7月から

 東京電力ホールディングスは九日、家庭向けの都市ガスの料金プランを発表した。東電と電力の小売り契約を結んでいる家庭が対象で、独占してきた東京ガスと比べて3%安くする。七月から東京都と神奈川県で営業を始め、順次、首都圏全体に広げる。

 切り替えてから一年間はキャンペーン期間として、さらに5%割り引く。電気料金も、ガスとのセット割引で年間一律千二百円安くする。

 しかし、東京ガスも電力の小売りに参入してセット割引を展開しており、使用量や契約内容によっては同社のほうが安いとみられる。このため、東電は使用開始から十年以内のガス機器を最大五十万円分まで無償で修理するサービスを始め、差別化する。

 東電は福島第一原発の廃炉など事故処理に必要な費用が膨らみ続けており、ガス販売を担う子会社・東電エナジーパートナーの佐藤美智夫常務は記者会見で「必要な費用をまかなうためにも、新規事業を拡大していかなければならない」と語った。東電は二〇一七年度は単体で四万件の顧客獲得を目指し、提携する日本瓦斯(がす)と合わせて一九年度には百万件に増やす目標を掲げている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報