東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

出口戦略公表「検討していく」 大規模緩和で日銀総裁

 日銀の黒田東彦(くろだはるひこ)総裁は十日、衆院財務金融委員会に出席し、現在の大規模な金融緩和策を手じまいする「出口戦略」に関し、考えられるシナリオの公表を「今後検討していく」と述べた。出口の議論が「時期尚早」としていた従来より前向きな姿勢を示した。

 黒田氏は出口戦略はその時点での経済や市場環境を考慮するとしながらも「(出口の際の)日銀の財務面に及ぼす影響を含めて、分かりやすく説明していくことは非常に重要だ」とした。公表の時期などは明言を避けた。また、将来的に出口を模索する局面で、日銀の決算が一時的に赤字となる可能性を否定しなかった。

 民進党の前原誠司氏への答弁。出口戦略を巡っては自民党の行政改革推進本部が対応を検討するべきだと提言するなど、注目が集まっている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by