東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

「国の借金」1071兆円で最大に 16年度末、2年ぶり増

 財務省は10日、国債と借入金、政府短期証券を合計した「国の借金」が2016年度末時点で1071兆5594億円に達したと発表した。15年度末から22兆1933億円増え、過去最大となった。増加は2年ぶり。高齢化に伴う社会保障費の増加が財政を圧迫している。

 総務省推計の4月1日時点の総人口(1億2679万人)で割ると国民1人当たり約845万円の借金を抱えている計算となる。

 借金の内訳は、主に政策経費の財源不足に充てている国債が934兆9002億円に上り、24兆905億円増えた。

 一時的な資金不足を穴埋めするために発行する政府短期証券は1兆5097億円減の82兆2392億円だった。

 金融機関などからの借入金も3876億円減って54兆4200億円だった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by