東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

経常黒字9年ぶり高水準 原油安で収支改善

写真

 財務省が十一日発表した二〇一六年度の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支の黒字額は前年度比13・1%増の二十兆一千九百九十億円で、〇七年度以来九年ぶりの高水準となった。比較可能な一九八五年度以降で三番目に大きく、リーマン・ショックがあった〇八年度以降では最大。三年連続で黒字幅が拡大した。

 原油安で輸入が大きく減り、貿易収支が改善した。トランプ米政権は対日貿易赤字を問題視しており、ロス商務長官は最近の赤字水準に「これ以上耐えられない」と異例の声明を出している。今回の日本の経常黒字拡大を受け、批判を強める恐れがある。

 輸出から輸入を差し引いた貿易収支は五兆七千六百五十四億円の黒字だった。原油や天然ガスといった輸入の減少率が10・9%と輸出の3・4%減を上回り、前年度三千二百九十六億円だった黒字幅が急拡大した。海外投資の収益を表す第一次所得収支の黒字は13・7%減の十八兆三百五十六億円だった。

 訪日客の消費から日本人が海外で使ったお金を差し引いた旅行収支は、訪日客の増加を受けて一兆二千七百八十九億円の黒字となり、比較可能な九六年度以降で最大だった。

 同時に発表した一六年暦年(一〜十二月)の地域別経常収支の黒字額は対米国が十二兆七千二百四十四億円と最大だった。ただ、円高の影響で一五年からは約7%減少した。赤字額は対中国が最大で一兆九千五百二億円だった。

 一七年三月の経常収支は二兆九千七十七億円の黒字だった。黒字は三十三カ月連続で、額は前年同月に比べ2・2%縮小した。

<国際収支> 日本と海外の経済取引の状況を示す統計。輸出入の差し引きである「貿易収支」、旅行者のお金の出入りや企業の持つ特許権の使用料収入などの動向を示す「サービス収支」、対外投資から得た利子や配当の「第1次所得収支」、寄付や贈与の「第2次所得収支」があり、この合計が「経常収支」。経常収支は、日本に入ってくるお金が海外に出ていくお金よりも多いと黒字になる。日本は経常黒字の多くを第1次所得収支で稼いでいる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by