東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

東芝が半導体子会社の入札延期検討 米企業と協議難航

 経営再建中の東芝が売却手続きを進めている半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の二次入札の期限を、今月十九日から先延ばしする検討に入ったことが十一日、分かった。共同投資する米ウエスタン・デジタルと売却を巡って対立し、協議が難航しているためだ。

 入札には、政府が主導している産業革新機構や日本政策投資銀行、米ファンドらによる「日米連合」が参加する見込みだが、資金集めなどで調整が続いており、準備を待つ思惑もありそうだ。

 関係者によると、月内には二次入札を締め切る意向だが、さらに遅れる可能性もある。

 東芝メモリはスマートフォンの記憶媒体に使う「フラッシュメモリー」で世界的な大手だ。東芝は二兆円以上で売却したい考えで、シャープを傘下に収める台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業なども入札に参加する見通しだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by