東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

62円切手とはがき発売

日本郵便が新たに発売した62円切手(右)と郵便はがき=15日、東京・丸の内で

写真

 日本郵便は十五日、はがきの郵便料金を六月一日に五十二円から六十二円に値上げするのに伴い、新たな六十二円切手と郵便はがきを全国で一斉に発売した。消費税増税以外の理由で値上げするのは一九九四年一月以来。人件費が増える一方で利用者が減っているため、収支の改善を図る。

 六十二円切手のデザインは三種類。ソメイヨシノ、扇面に梅文様、花文様の題材は変えず、背景などの色を明るくした。六十二円の郵便はがきや往復はがきのデザインも新しくなった。従来の五十二円切手や郵便はがきの販売は五月三十一日で終了する。

 はがきは電子メールなどとの競合で、二〇一六年度は前期比0・6%減の約六十二億八千万通。配達数の減少は三年連続となった。日本郵便は今回の値上げで一七年度に三百億円超の増益効果を見込むが、価格改定でいっそう利用者のはがき離れが進む恐れもある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by