東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

即席麺が塩分摂取源のツートップ

写真

 国立研究開発法人の医薬基盤・健康・栄養研究所は、日本人の食塩摂取源となっている食品の一位はカップ麺で、二位は袋などに入ったインスタントラーメンだったと発表した。

 同研究所は「食塩の取りすぎが血圧の上昇と関連があることが明らかになっており、注意してほしい」と呼び掛けている。

 厚生労働省の二〇一二年の国民健康・栄養調査のデータを基に、食塩摂取源となっている食品のランキングを作成。一位のカップ麺からはスープを飲み干したと仮定して一日当たり五・五グラムの食塩を取っていた。二位は、インスタントラーメン(五・四グラム)、三位は梅干し(一・八グラム)、四位は高菜の漬物(一・二グラム)、五位はキュウリの漬物(一・二グラム)だった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報