東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

消費支出減、最長を更新 5月で15カ月連続

写真

 総務省が三十日発表した五月の二人以上世帯の家計調査によると、一世帯当たりの消費支出は二十八万三千五十六円となり、物価変動を除いた実質で前年同月比0・1%減だった。マイナスは十五カ月連続で、比較可能な二〇〇一年以降では最長を更新した。衣料や外食への支出低迷が目立ち、節約志向で消費の停滞が長引いていることを裏付けた。

 これまでの最長はリーマン・ショックを挟んだ〇八年三月〜〇九年四月の十四カ月連続。ただ、今年五月は前年より日曜日が一日少なかった割にマイナス幅が四月の1・4%より縮小し、基調判断を従来の「弱い動きが見られる」から「弱い状況ながら回復の動きが見られる」に引き上げた。

 支出の内訳では婦人服が不調だった「被服および履物」は13・1%減と大幅に落ち込んだ。外食不振で「食料」は2・2%減と十カ月連続で減少。住宅の設備修繕・維持などの「住居」も8・8%減だった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by