東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

西武船橋と小田原閉店 セブン&アイ、来年2月末に

 セブン&アイ・ホールディングスは二十五日、傘下の百貨店「そごう・西武」の西武船橋店(千葉県船橋市)と西武小田原店(神奈川県小田原市)の二店舗を来年二月末で閉店にすると発表した。少子高齢化による消費の低迷やインターネット通販の台頭などで、業界を取り巻く環境が厳しい中、不振店を閉鎖し、都心などの収益性の高い店舗に経営資源を集中させることで収益の改善を目指す。

 船橋店は一九六七年にオープン。売上高がピークだった九二年二月期には五百五十一億円あったが、二〇一七年二月期には百六十九億円まで低迷していた。跡地は地権者と共同で複合商業施設を再開発することを検討している。

 一方、小田原店は〇〇年に前身のロビンソン小田原店としてオープン。一七年二月期の売上高は七十四億円とピーク時(〇四年二月期、百六十二億円)の半分以下に落ち込んでいた。跡地は地権者に返還する。

 両店舗の従業員は計約四百五十人。正社員は配置転換を行うが、パート社員は来年三月五日に契約を終了。希望者には近隣のグループ内の店舗など再雇用先を紹介する。

 「そごう・西武」の百貨店は現在十九店舗。このうち西武高槻店(大阪府高槻市)、そごう神戸店(神戸市)の二店舗についても、十月一日付で阪急百貨店などを営むエイチ・ツー・オーリテイリングに譲渡することを既に発表している。

 日本百貨店協会によると、一六年の全国百貨店売上高は五兆九千七百八十億円と一九八〇年以来三十六年ぶりに六兆円を割り込んだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by