東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

誕生10年 iPhoneX 11月発売11万円超

アイフォーン「X」を紹介するアップル幹部=12日、米カリフォルニア州クパチーノで(AP・共同)

写真

 米アップルは十二日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の高級機種「X(テン)」など計三機種を発表した。「X」は高精細な有機ELディスプレー(5・8インチ)をアイフォーンで初めて採用。下部にあった「ホームボタン」をなくし、前面のほぼ全てを画面にした。新技術として三万個以上の赤外線の点を顔に投射して本人を特定する顔認証や、ケーブルなしで無線充電できる機能を搭載した。

 「X」は日米などで十月二十七日から予約を受け付け、十一月三日に発売。日本での販売価格は十一万二千八百円(税別)から。

 ほかの二機種は、「8」(4・7インチ)と「8プラス」(5・5インチ)で、カメラ機能などを向上した。今月十五日から予約を受け付け、二十二日に売り出す。日本での価格は「8」が七万八千八百円、「8プラス」が八万九千八百円からとなっている。

 アップルの発表を受けてソフトバンクは十三日、「8」以降のアイフォーンを最大で実質半額値引きすると発表。NTTドコモとKDDI(au)も近く料金プランなどを発表する見通し。

写真

◆競争激化 成長神話に陰り

 【ニューヨーク=東條仁史】アイフォーンを発売して十年の節目に、十一万円を超える「X」を発表したアップル。だが、スマートフォンの普及をけん引した一時期の勢いはない。中国勢などの低価格機種が存在感を高める中、高級感を武器に年末商戦に挑む。

 「スティーブの精神はつねにアップルのDNAであり続ける。(Xは)今後十年の技術の道を定めるものだ」。創業者の故スティーブ・ジョブズ氏の名を冠した新設の講堂で開かれた発表会。ティム・クック最高経営責任者(CEO)は、創業者の偉業をたたえ「X」への自信をのぞかせた。

 ジョブズ氏がアイフォーンを発表したのは二〇〇七年一月で、同年六月に米国で発売された。携帯電話と音楽プレーヤー、インターネット端末の機能を併せ持ち、タッチパネル方式の斬新なデザインも人気となった。「ポケットに入るパソコン」として浸透し、人々の生活を変えたとまで言われた。

 しかし、近年はライバルとの競争が激化。一六年一〜三月期には初めて販売が前年割れし、アップルの一六年九月期通期は十五年ぶりの減収減益となった。米調査会社IDCによると、今年四〜六月期のアイフォーンの世界シェア(出荷ベース)は12%の二位。トップのサムスン電子(23・3%)に水をあけられ、新興国を中心に販売を増やす三位の華為技術(ファーウェイ)=11・3%、四位のOPPO(オッポ)=8・1%=の中国勢に追い上げられている。

 アップルの「成長神話」が今後も続くのか、市場も注目している。米ITアナリストのチム・バハリン氏(67)は「アップルは技術の革新を継続しており、素晴らしい製品を生み出す余地はある」と分析している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by