東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

沖縄の海底で「お宝」採掘 亜鉛や鉛 20年代半ば商用化目指す

沖縄近海で、船から海中に投入される採掘機(資源エネルギー庁提供)

写真

 経済産業省と石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は二十六日、海底にある鉱物資源を船で大量採掘することに世界で初めて成功したと発表した。沖縄県近海では海底から熱水と一緒に噴き出した金属が堆積してできる「海底熱水鉱床」の存在が相次いで確認されており、二〇二〇年代半ばごろの商用化を目指す。

 海底熱水鉱床には亜鉛、鉛のほか、金や銅などの資源が含まれている。今年八月中旬〜九月下旬、沖縄近海に投入した採掘機で海底約千六百メートルの鉱床を細かく砕き、ポンプで海水とともに船に吸い上げる方式で試験を実施して成功した。今回採掘した鉱床には日本の年間使用量に相当する亜鉛が存在すると分析しているという。

 沖縄近海の排他的経済水域(EEZ)内では過去三年間で六カ所の鉱床が見つかっており、今後も新たな鉱床が発見される可能性が高い。日本は鉱物を輸入に頼っており、経産省は「生産性の高い採掘方法を確立し、十分な埋蔵量が確認できれば資源産出国になれる可能性がある」と期待している。一八年度に経済性評価を実施する予定だ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報