東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

スシローと元気寿司が統合へ アジアなど海外展開加速

 回転ずしチェーン最大手のあきんどスシロー(大阪府吹田市)と五位の元気寿司(宇都宮市)が経営統合する方針を固めたことが二十九日、分かった。元気寿司の親会社でコメ卸最大手の神明(神戸市)が、スシローの親会社であるスシローグローバルホールディングス(HD)の株式の約三割を取得する形で資本提携した上で、具体的な統合形態や時期を協議する。

 規模拡大で経営体質を強化し、アジアを中心に海外展開を加速させる。統合が実現すれば、スシローと元気寿司の売上高の単純合計は約千八百億円(二〇一六年度)となり、二位のくら寿司を運営するくらコーポレーションの千百三十六億円を大きく引き離すことになる。

 スシローは今年六月末時点で四百七十四店舗を展開しているが、ほとんどが国内となっている。一方、元気寿司は店舗の半数を超える百六十五店を海外で展開しており、両社が組めばノウハウを共有することで海外展開を加速できると判断した。統合により、仕入れ先の共通化などで業務効率化やコスト削減を進める狙いもある。

 神明は一三年に「かっぱ寿司」を持つカッパ・クリエイトと傘下の元気寿司との経営統合を目指して業務提携を締結したが、客足が伸び悩み、交渉を解消した経緯がある。今回は業界首位のスシローと組むことで成果を上げたい考えだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報