東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

米韓FTA再交渉合意 年明けに 協定破棄と米が圧力

 【ソウル、ワシントン=共同】米韓両政府は米東部時間の四日、ワシントンで会合を開き、米韓自由貿易協定(FTA)の再交渉で事実上合意した。年明けに再交渉に入るとみられる。韓国に対する貿易赤字を減らしたいトランプ米政権が再交渉を求め、韓国はこれまで難色を示していたが、協定破棄をちらつかせる米国側に押し切られた形となった。

 米国は既にカナダ、メキシコと北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を始めており、日本に対しても市場開放に向けた圧力を強める可能性がある。

 米韓FTAが二〇一二年三月に発効した後、米国側は自動車と鉄鋼、ITなどの分野で貿易が不均衡だと主張しており、再交渉はこれらの分野が焦点となりそうだ。

 韓国産業通商資源省は会合終了後「両国がFTAの互恵性をより強化するため、改定の必要性について認識を共有した」と表明した。

 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は「公正で互恵的な貿易を実現するため、間もなく協定改定を始めることを期待している」との声明を発表した。

 韓国の金鉉宗(キムヒョンジョン)・同省通商交渉本部長(閣僚級)は韓国メディアに対し、国会報告を来週行うなど再交渉開始に必要な手続きを行うと表明した。

 金氏は韓国メディアに対し、トランプ大統領がFTAを破棄するとの書簡を作成していたことを確認したと明らかにし「破棄される恐れが実際にあった。はったりではないようだった」と述べた。

 北朝鮮情勢が緊迫し、「核の傘」の強化を含む米国による韓国の防衛努力拡大を求めざるを得ない立場にもある文在寅(ムンジェイン)政権は大幅な譲歩に追い込まれた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by