東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

神戸製鋼がアルミ・銅の強度偽装 新幹線など使用

 神戸製鋼所は八日、アルミと銅製品の計約二万トンなどについて、強度などの検査証明書のデータを改ざんして出荷していたと発表した。三菱重工業が開発中のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)に使われていたほか、新幹線の部品にも採用。出荷先は自動車メーカーなど約二百社に及ぶ。改ざんは組織ぐるみで、一部では十年前から行われていたという。

 神戸製鋼は昨年、グループ会社でばねに使われるステンレス製品のデータ改ざんが発覚したばかり。

 改ざんされたデータは強度や耐力、寸法に関するもので、顧客から求められていた品質基準に実際には達していなかった。昨年九月から今年八月末までに出荷されたアルミ製品約一万九千三百トン、銅製品約二千二百トン、アルミ鋳鍛造品約一万九千四百個に上る。アルミ、銅の全製品のうち約4%でデータ改ざんがみられた。今年八月末に改ざんを把握していたにもかかわらず、取引先や経済産業省との調整などを優先する中で公表が遅れた。

 三菱重工は「安全性に問題はない」としており、MRJの開発スケジュールに影響はないという。JR東海は、問題の製品が東海道新幹線の台車の部品に一部使われていることを明らかにしたが、走行安全性に問題はないとしている。

 トヨタ自動車ではボンネットや荷室ドアなどに使われていることを確認しており、対象車種などの調査を進めている。

 都内で開かれた記者会見で梅原尚人副社長は「深く反省しおわび申し上げます」と謝罪したが、顧客との関係を理由に出荷した社名は明らかにしなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報