東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

神鋼改ざん 米GM調査開始 JR西、交換費用請求へ

 神戸製鋼所がアルミニウム製品などの性能データを改ざんしていた問題で、アルミ・銅事業で新たな不正の疑いがあることが十二日、分かった。発表済みのものと別の製品でも偽装が行われた可能性があるとみて調べている。不正が確認されれば、問題製品の供給先は約二百社からさらに増え、事態が一段と深刻化するのは必至だ。 

 JR西日本の来島達夫社長は十二日、東京都内で記者会見し、部品交換などの費用について「応分の措置をお願いしたい」と明言した。取引先企業が費用請求の方針を表明したのは初めて。

 米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)などの海外企業も影響調査に乗り出した。神戸製鋼は川崎博也会長兼社長が近く記者会見を開き、詳細を説明する予定だ。

 関係者によると、新たな不正が疑われるのは全てアルミ製品や銅製品。具体的な製品などは明らかにしていない。現時点で、鉄鋼製品や機械製品で不正は見つかっていないという。

 川崎氏はこの日、経済産業省の多田明弘製造産業局長と面会後、記者団に対し「国内と海外で疑わしい事例が網にかかっている。複数の案件がある」と説明。「(近く開く会見で)これまでの調査の進捗(しんちょく)を報告する。説明責任を果たす必要がある」と述べた。

 多田氏は面会で「公正な取引基盤を揺るがす遺憾な事態だ」とし、早期の原因究明と再発防止策の策定を求めた。神戸製鋼は今後二週間をめどに安全性の検証結果をまとめ、一カ月以内に原因と対策を公表する方針だ。

 神戸製鋼のアルミ・銅事業の売上高は鉄鋼に次ぐ規模で、成長の柱。国内では古河スカイと住友軽金属工業が経営統合したUACJに次ぎ二番手。今月八日にはアルミ製品約一万九千三百トン、銅製品約二千二百トン、アルミの鋳造品や鍛造品約一万九千四百個でデータの改ざんが見つかったと発表していた。

 このほか鉄粉製品や、子会社のコベルコ科研(神戸市)が手掛けている液晶画面材料でも同様の偽装が判明している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報