東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

中国GDP6.8%成長へ減速 7〜9月期、1年半ぶり

 【北京=秦淳哉】中国の国家統計局が十九日に発表した二〇一七年七〜九月期の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比6・8%増となった。四〜六月期の6・9%増を下回って一年半ぶりの減速。しかし中国政府が年間目標とする6・5%前後の成長率は三・四半期連続で上回り、今年の目標達成がほぼ確実となった。

 中国では十八日から始まった共産党大会を前に、経済の安定を最優先してインフラ整備などで景気を下支えしてきた。

 この結果、今年に入ってから一〜三月期、四〜六月期のGDPはともに6・9%増と、昨年一年間の6・7%増を上回る水準で推移してきた。

 一〜九月期の公共工事や企業の設備投資を示す「固定資産投資」は7・5%増、「不動産開発投資」は8・1%増となった。

 個人消費に当たる「社会消費品小売総額」は10・4%増と、上半期と変わらず底堅さを示した。輸出は12・4%増、輸入も22・3%増となった。

 今年後半は景気の減速が予想されているが、昨年後半からの緩やかな回復基調が続いており、今年のGDPは昨年の伸びを上回る可能性が高まっている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報