東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

データ改ざん 国交省が三重の神鋼工場検査 アルミ、MRJに使用

 神戸製鋼所の製品データ改ざん問題で、国土交通省は二十三日、同社大安(だいあん)工場(三重県いなべ市)へ立ち入り検査に入った。大安工場ではアルミ製品のデータを改ざん。三菱重工業が開発中の国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)には神戸製鋼のアルミ製品が使われており、安全性の確認が必要と判断した。

 アルミ製品のデータ改ざんは大安工場のほか、真岡(もおか)製造所(栃木県真岡市)、長府製造所(山口県下関市)などでも行われていた。自動車や新幹線、宇宙分野など広範囲に納入されており、国交省は今後も調査を進める方針だ。

 大安工場への検査は二十五日まで実施する予定。品質の管理体制や判明した改ざん以外にも不正がないかを調べる。三菱重工はMRJの安全性には問題がなく、開発計画にも影響しないと説明している。

 問題のアルミ製品は、顧客と取り決めた仕様に満たない不合格品について、検査証明書のデータを書き換えていた。JR東海の新幹線向けなど一部は日本工業規格(JIS)の基準を下回っている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報