東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

半導体売却を可決 東芝が臨時株主総会

東芝の臨時株主総会が開かれる会場に入る株主ら=24日午前、千葉市で

写真

 東芝は二十四日午前、臨時株主総会を千葉市内で開いた。半導体子会社「東芝メモリ」売却の会社提案などを原案通り可決し終了した。議長役の綱川智社長は株主総会の冒頭、「株主ら関係者にたび重なるご迷惑、ご心配をお掛けし、あらためて心からおわびする」と陳謝した。

 東芝は九月、米ファンドのベインキャピタルなどがつくる「日米韓連合」に東芝メモリを二兆円で売却する契約を結んだ。東芝は負債が資産を上回る債務超過に陥っており、その額は今年三月末時点で約五千五百億円。東芝メモリの売却益で来年三月末までに債務超過を解消しなければ、株式が上場廃止になる。東芝メモリ売却については各国の独占禁止法を経なければならず、来年三月末までに売却を完了できるかは微妙な情勢だ。

 株主総会の開始前、東京都内に住む元東芝社員の男性株主(57)は、半導体事業売却という経営危機に至ったことに「悔しいし、かつての経営陣には怒りがある」と吐露した。その上で「状況が落ち着いたら現体制を一新し、どうすれば経営していけるか考えてほしい」と注文をつけた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報