東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

25万台リコールへ スバルも無資格検査

無資格検査問題について記者会見するスバルの吉永泰之社長=27日午後、東京都渋谷区で(沢田将人撮影)

写真

 SUBARU(スバル)は二十七日、出荷前の完成車の検査を社内資格のない従業員にさせていたと発表した。法令違反の認識がなく、三十年以上前から不正が行われていた。無資格検査の発覚は日産自動車に続き二社目で、自動車業界への不信が強まりそうだ。(妹尾聡太)

 三十日に国土交通省に報告後、同社が過去三年間に生産した全十二車種、約二十五万五千台のリコール(無料の回収、修理)を近く届け出る。対象は主力乗用車「インプレッサ」や「レガシィ」、トヨタ自動車と共同開発したスポーツカー「86(ハチロク)」などで、費用は五十億円を超える見通しだ。

 東京都内の本社で開いた会見で、吉永泰之(やすゆき)社長は「多大な迷惑と心配をかけ、申し訳ない」と陳謝した上で、「『まずい』という認識なくずっとやってきた」と話した。

 不正があったのは、スバルが国内向けの全車種を組み立てている群馬製作所(群馬県太田市)の本工場と矢島工場。二〜六カ月間の社内教育を受けた後、筆記の認定試験を受ける前の研修として、無資格の従業員に検査をさせていた。

 こうした不正は三十年以上続けられ、有資格者の印鑑を使って書類に押印もしていた。十月一日時点で、四人が無資格のまま検査していた。

 無資格検査の問題は九月二十九日に日産が公表し、国交省が各メーカーに調査を指示。スバルは十月三日に法令違反の疑いがあると判断していたが、これまで国交省と問題点を整理していた。今後、再発防止のために社内規定を大幅に見直す。

 一方、トヨタ、ホンダ、マツダ、スズキなど六社は問題がなかったことを既に国交省に報告している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報