東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

「未来の車」に人、人… モーターショー始まる

一般公開が始まり、大勢の来場者でにぎわう東京モーターショー=28日、東京・有明の東京ビッグサイトで

写真

 二年に一度の自動車の祭典、第四十五回東京モーターショーの一般公開が二十八日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で始まった。国内外の約百五十社が参加し、自動運転や電気自動車(EV)、人工知能(AI)などの先端技術を披露する。

 自動車業界では、日産自動車やSUBARU(スバル)による不正が相次ぎ発覚した。メーカー各社は、開発した「未来の車」を武器に今後の事業を展開していく上で、信頼確保にどう取り組むかが問われそうだ。

 一般公開は十一月五日まで。入場料は一般千八百円、高校生は六百円、中学生以下は無料。開場は月〜土曜日が午前十時から午後八時、日曜日は午後六時まで。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報