東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

日産2工場に立ち入り 無資格検査問題で国交省

 日産自動車による新車の無資格検査問題で、国土交通省は二日、再発防止策が完了した日産車体湘南工場(神奈川県平塚市)と日産車体九州(福岡県苅田町)に立ち入り検査した。一日の日産自動車九州(苅田町)を含め、検査は計三工場となる。

 日産は国交省から対策が十分と認定されれば、これらの工場の生産と出荷を再開する。

 残る本体やグループの別の三工場でも十一月三日までに順次、体制見直しを終える。

 日産は車を組み立てる国内の全六工場で無資格検査をしていた。問題の公表後も続けていたことが発覚し、体制を見直すため十月十九日に国内向け生産を停止すると発表した。

 再発を防ぐため、新車の最終検査に正規の検査員しか携われないよう検査のスペースを独立させ、週一回の外部監査も実施する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報