東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

東証、バブル後最高値 一時2万2800円台

 七日の東京株式市場は国内企業の好決算と米株高を材料に日経平均株価(225種)が続伸し、一九九六年六月に記録したバブル経済崩壊後の終値最高値二万二六六六円八〇銭を一時突破した。上げ幅が三〇〇円を超え、取引時間中として約二十五年十カ月ぶりの高水準を付ける場面もあった。

 午後一時現在は前日終値比二八一円六四銭高の二万二八二九円九九銭。東証株価指数(TOPIX)は一四・九五ポイント高の一八〇七・六一。

 平均株価はバブル絶頂期の八九年十二月二十九日に終値の史上最高値三万八九一五円八七銭を記録、その後、下落傾向に転じた。景気自体は株価の変調後も九一年二月まで拡大を続けた後に失速。これを受けて平均株価の下落に拍車が掛かって九二年三月には二万円を割り込み、バブル経済の崩壊を象徴的に映し出した。

 最近の東京市場は景気回復を追い風に上昇基調が続く。七日は前日に商社などが好業績を発表したことなども追い風となり、幅広い銘柄に買いが入った。ニューヨーク株式市場のダウ工業株三十種平均は、終値の過去最高値を前日まで三営業日連続で更新。東京市場もこの流れを引き継いだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報