東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

TPP大筋合意再確認 茂木氏会見 首脳会合は開かず

 【ダナン=山上隆之】米国を除く環太平洋連携協定(TPP)の参加十一カ国が十日、ベトナム中部ダナンで予定していた首脳会合はカナダの要請で延期された。十一カ国は同日夜、急きょ閣僚会合を開き、再び調整。会合後、茂木敏充経済再生担当相は記者会見し「昨日合意した内容、協定案、凍結項目について合意したことは間違いないと確認した。改めて閣僚として合意した」と述べた。茂木氏は、十一日にTPPの首脳会合は開かないことも明らかにした。

 米国の離脱に伴い実施を先送りする「凍結」項目をめぐって日本政府は九日に大筋合意したと発表。しかしカナダ側が「合意できる段階ではない」と反発し、交渉は土壇場で不協和音を生む事態となった。九日の閣僚会合での大筋合意を受けて十一カ国の首脳が十日に集まり、米国抜きでの早期発効を確認する段取りだった。

 安倍晋三首相は十日午後、カナダのトルドー首相と個別に会談。閣僚会合の共同議長を務めた茂木氏も同席し、突っ込んだ意見交換をしたとみられる。会談時間は当初二十分の予定だったが、一時間近くに及んだ。

 安倍首相は会談後、記者団に対し、トルドー首相から「首脳レベルでは閣僚間の合意を確認できる段階ではない」と説明を受けたことを明らかにした。

 トルドー首相はこれまで合意を急がない考えを示していた。

 カナダのシャンパーニュ国際貿易相も十日、自身のツイッターに「そのような報道が出ているが、TPPの大筋合意はしていない」と書き込んだ。

 九日のTPP閣僚会合では茂木氏が各国の要望を選別し、新協定案と凍結項目のリストを提示。同日夜(日本時間十日未明)にかけ断続的に会合や個別会談を開いた。茂木氏は終了後、記者団に「閣僚レベルで大筋合意した。会合の最後に各国代表から大きな拍手が起きた」と語っていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報