東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

イセ食品とスズキ、インドで卵販売へ 生産と物流でタッグ組む

 【ニューデリー=共同】鶏卵生産大手の「イセ食品」(埼玉県鴻巣市)が、自動車のスズキとインドで鶏卵の販売に乗り出す。衛生管理を徹底させて生でも食べられる品質の卵を生産し、スズキが物流面でサポートする。養鶏場の設置などを進め、2020年に販売を開始したい考えだ。

 インドでは低温での物流体系が未熟なことから、食中毒を避けるため、卵は加熱して食べるのが一般的。だが、高い経済成長率に伴って中間層が増加し、高品質の食品への関心が高まっている。販売する卵は1個約20ルピー(約35円)と通常の3倍ほどの価格にする予定。

 両社は近く、インドに共同出資で会社を設立予定。120万羽を飼育する養鶏場と鶏卵工場を西部グジャラート州に建設する。当初は同州や商都ムンバイなどの大都市圏で販売。その後はニューデリーなどにも販路を拡大し、インド全体の5%のシェアを占める年間40億個の生産を目指す。スズキは、配送での専用自動車導入を検討するなど、物流のノウハウを提供する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報