東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

ゲートがない改札 車いすの移動スムーズに 三菱電機システム開発へ

ICカードをタッチせずに通過できる改札のイメージ

写真

 三菱電機は二十日、駅の改札にゲートを必要としない新システムを開発すると発表した。床からICカードのデータを読み取り、通過の可否も床面に表示する仕組み。狭いゲートを通ったり、ICカードをタッチしたりする必要がないため、車いすやベビーカーでの移動がスムーズになる。二〇二五年度以降の実用化を目指す。

 今月二十九日から来月一日まで、千葉市の幕張メッセで開かれる鉄道技術の見本市「鉄道技術展 2017」に出展する。ICカードを特別なパスケースに入れて床の上を通過すると、通過可の場合は、青いライトで道を指し示す。チャージ不足などの場合は、赤く点灯した上、カメラで不正通過者の顔を特定できるようにする。

 監視所の映像で障害者など手助けが必要な人を強調することもできる。位置情報も正確に把握できるため、少ない人数でも駅の業務が運営できるという。三菱電機は今後、開発を進めながら、空港やビルにも適用できるか検討する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報