東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

タカタ事業譲渡合意 欠陥エアバッグ、米社に1750億円

 欠陥エアバッグ問題で経営破綻したタカタは二十一日、中国系の米自動車部品大手キー・セイフティー・システムズ(KSS)に事業譲渡することで最終合意したと発表した。譲渡額は十五億八千八百万ドル(約千七百五十億円)で来年三月までの取引完了を目指す。滋賀県と佐賀県にある製造拠点や雇用は当面、維持される見通しだ。

 KSSは、正常なエアバッグやシートベルトの製品供給を続ける。一方、事業譲渡後に残った会社がエアバッグの改修に必要な部品の供給を二〇二〇年三月まで続ける方針だ。

 タカタは欠陥エアバッグのリコール(無料の回収・修理)の費用がかさみ、今年六月に東京地裁に民事再生法の適用を申請し経営破綻した。早期のKSSとの最終合意を目指したが、自動車メーカーとの調整に時間を要していた。

 今後は再生計画案を近く確定し、その後、議決するための債権者集会を開く。ただ、米国を中心に欠陥エアバッグの回収は終わっておらず、事故の再発を防ぐための対応も急ぐ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報