東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

東芝、NY広告打ちきり サザエさん降板 正式決定

 経営再建中の東芝が、米国有数の観光名所として知られるニューヨークの繁華街タイムズスクエアで掲げてきた看板広告を、二〇一八年前半の契約満了をもって打ち切ることが二十二日、分かった。長寿テレビ番組の「サザエさん」と「日曜劇場」のスポンサーを一八年三月末で降板することも正式に決めた。いずれも合理化の一環だ。

 東芝は〇七年十二月に、日本企業では初めて一等地の「ワン・タイムズスクエア・ビル」の最上部に巨大な発光ダイオード(LED)パネル広告を設置した。新年を迎えるカウントダウンでの秒数表示に活用され、東芝の成長を象徴していた。

 サザエさんのスポンサーは一九六九年十月の放送開始から、日曜劇場も五六年から務めていた。だが一六年に白物家電事業を中国企業に売却したのに続き、テレビやパソコンといった一般消費者向け事業からも撤退を進めており、継続する意味合いが薄れていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報