東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

航空機2社が影響調査 三菱マテ、国に不正報告

 三菱マテリアルは二十四日、子会社による検査データ改ざんについて経済産業省と国土交通省に報告した。竹内章社長が午後三時半に東京都内で記者会見して事実関係を説明する。二十四日付の英紙フィナンシャル・タイムズは、航空機大手の米ボーイングと欧州エアバスが自社製品への影響を調査していると報じた。二十四日午前の東京株式市場では三菱マテリアルの株価が一時、休日前二十二日終値の四〇九〇円から11%超急落した。

 石井啓一国交相は二十四日の閣議後の記者会見で「神戸製鋼所に続いて(不正が発生したことは)大変遺憾だ」と語った。報告を踏まえて必要な指示をするほか、関係事業者への調査など安全性の確認に努めると説明した。

 世耕弘成経産相も閣議後記者会見で、担当部局を通じて「事実関係の究明と適切な顧客対応を進めるよう指示した」と明らかにした。

 改ざんについて「公正な取引の基盤を揺るがす不正事案だ」として、速やかな安全性検証を求めた。問題を把握してから公表するまでに半年以上を要したことに「なぜ時間がかかったのか説明してもらいたい」とも述べた。

 日本の製造業での不正が相次ぎ、産業界全体で問題を共有し、再発防止を進める必要があることも強調した。

 一方、ボーイングは英紙の取材に「この問題について調査しており、必要に応じて適時、適切に対応する」と回答した。

 エアバスは、データを改ざんした三菱電線工業(東京)から「直接調達していない」としたが「当社に部品を供給している企業に影響がないか調査している」とした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報