東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

原油減産9カ月再延長 OPECと非加盟国決定

 【ウィーン=共同】石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟国からなる主要産油国は十一月三十日、ウィーンで閣僚会合を開き、二〇一八年三月末まで延長した原油の協調減産を一八年末まで、さらに九カ月延長すると決めた。供給を絞ることで在庫を減らし、原油価格を押し上げるのが狙いで、今年一月に始まった減産は異例の長期間に及ぶ。

 経済産業省によると、日本ではガソリン価格が十一週連続で上昇。原油相場の動向によっては、今後もガソリンなどが値上がりし、暮らしに影響が出る恐れもある。

 OPECが直前に定時総会で再延長を確認し、非加盟国が足並みをそろえた。ただ、一八年六月までに減産期間を短縮する可能性があり、思惑は交錯している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報