東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

クラスター弾製造企業 三菱UFJが融資全面禁止

 三菱UFJフィナンシャル・グループは一日、非人道兵器として知られる「クラスター弾」の製造企業への融資を、傘下の二銀行が十二月から全面的に禁止したことを明らかにした。クラスター弾の廃絶を目指す国際的な非政府組織(NGO)から、日本の金融機関の中で製造企業への投融資額が多いと批判されていた。

 クラスター弾は、無数の子爆弾をばらまいて無差別に殺傷する兵器。全国銀行協会は二〇一〇年十月、クラスター弾の製造を目的とした融資に限って禁止する申し合わせをし、三菱UFJはこれまで申し合わせには沿っていた。しかし、NGO側から批判が高まったことを受け、「クラスター弾の非人道性を踏まえ、資金使途にかかわらず融資を禁止にした」という。

 一方で、年金基金などから委託・指示を受けて運用する投資の部分では、製造企業に資金が流れる可能性は残る。中央大の目加田説子(もとこ)教授は「私が知る限り、日本の金融機関で融資の全面禁止を対外的に宣言したのは三菱UFJが初めて」と指摘し、「(環境や社会への配慮を重視する)ESGの考え方が世界的に広がっていることが背景にあるのでは」と分析した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報