東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

年末年始の旅行者増加 長い休み取りやすく JTB予想

 JTBが五日発表した年末年始(二十三日〜来年一月三日出発)の旅行動向によると、国内と海外を合わせた総旅行者数は前年同期比1・0%増の三千二十七万四千人となる見通しだ。日並びから長い休みが取りやすく、冬のボーナスが増える見込みであることから旅行者が増えるとみている。

 国内旅行者数は二千九百五十七万人と0・9%増える。海外へは2・8%増の七十万四千人と過去最高になると予想する。

 国内は東北や東海、中国地方を旅行先とする人の比率が増える見込み。東北は雪道を歩くツアーなどの魅力が伝わっているようだ。

 海外はオーストラリアをはじめ、香港、韓国、欧州、北米など幅広い地域で前年を上回る見通し。航空機の運航減の影響などでグアム・サイパンは落ち込むとみる。

 出発のピークは国内が十二月三十日、海外は二十九、三十日になりそうだ。

 JTBグループの販売や航空会社の予約状況のほか、全国千二百人が対象のアンケートなどから一泊以上の旅行に行く人数を推計した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報