東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

シャープが東証1部復帰 1年4カ月ぶり 鴻海傘下で再建

 東京証券取引所は七日、シャープの株式の上場先を東証二部から一部に復帰させた。経営不振から昨年八月に二部に降格していたが、シャープは台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下でコスト削減などの改革を実施。経営再建が進み、約一年四カ月ぶりの一部復帰となった。市場での信用力が回復し、資金調達や収益拡大に向けた弾みになりそうだ。

 東証一部復帰後、初日となった七日のシャープの株価は、東証二部での取引最終日となった六日の終値より二十円高い三千九百五円で始まった。その後は利益を確定しようとする売りに押されて一時値を下げた。東証では一部復帰のセレモニーも開かれ、シャープの戴正呉(たいせいご)社長らが記念の鐘を打ち鳴らした。戴社長は東証で記者会見し「(昨年八月に)社長に就任した時からの目標を果たすことができた。株主や取引先などに感謝する」と語った。

 シャープは液晶パネル事業への過大投資が重荷となり、二〇一六年三月期まで二年連続で二千億円を超す巨額赤字を計上。債務超過に陥り、東証の規定で二部に降格した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報