東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

トヨタ、パナソニックと提携へ EV向け次世代電池開発

 トヨタ自動車とパナソニックは、全固体電池など電気自動車(EV)向けの次世代電池の開発で提携する方針を固めた。中国や欧州でEVシフトが加速する中、両社は既存のリチウムイオン電池の性能アップに向けた共同研究にも取り組み、競争力の確保を狙う。十三日午後、東京都内でトヨタの豊田章男社長とパナソニックの津賀一宏社長が記者会見し、正式に発表する。

 全固体電池は充電時間の短縮や航続距離など性能の飛躍的な向上が期待され、トヨタは二〇二〇年代前半の実用化を目指して独自に開発を進めてきた。

 車載電池最大手のパナソニックと連携することで、開発のスピードを加速させる。さらに、両社は、空気中の酸素とリチウムを化学反応させる「空気電池」など別の次世代電池の共同開発も視野に入れる。

 パナソニックは米EVベンチャー「テスラ」と共同で円筒型のリチウムイオン電池を生産する大規模工場を運営しているが、トヨタとは箱型のリチウムイオン電池の高度化を進め、業界トップクラスの性能と安全性を目指す。

 両社は開発した電池を他の自動車メーカーに提供することも検討している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報