東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

ディズニーがフォックスの事業買収 映画など主要部門5.9兆円

 【ニューヨーク=東條仁史】米娯楽・メディア大手のウォルト・ディズニーは十四日、メディア大手の21世紀フォックス傘下の映画、テレビ番組制作など主要部門を買収することで合意したと発表した。総額は五百二十四億ドル(約五兆九千億円)。若者中心に動画配信サービスが急速に普及するのに対応し、ディズニーは番組などの供給態勢を強化する。「メディア王」の異名を取るルパート・マードック氏率いるフォックスは、ニュースやスポーツ関連事業に特化する。

 ディズニーは21世紀フォックス傘下で、人気映画「アバター」などを有する映画大手「20世紀フォックス」のほか、テレビ制作部門、ケーブルテレビ網などを買収する。報道部門である米FOXニュースなどは買収対象としない。

 米国では、ネットフリックスなど映画やテレビドラマを楽しめる動画配信の契約者が増加し、IT大手アップル、グーグルなどもこの分野に参戦。テレビ視聴の中心だったケーブルテレビは顧客離れに苦しんでいる。ディズニーも八月、動画配信の開始を発表。今回の買収で番組を充実して魅力を高め、収益力の強化を目指す。

 米国ではメディア業界を巡る合従連衡が激しくなっており、米通信大手AT&Tも米メディア・娯楽大手タイム・ワーナーの買収を発表したが、公正な競争を阻害するとして、米司法省が差し止めを求めて提訴している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報