東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

「近江牛」など表示保護 日欧EPA合意

写真

 農林水産省は十五日、欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)に関し、産地名のブランドを互いに守る地理的表示(GI)の合意内容を発表した。日本で粉チーズの商品名として定着した「パルメザン」などの使用を認める例外が固まった。EUで保護され、輸出拡大が期待される日本の農林水産物・食品(酒類除く)は、愛知県の「八丁味噌(みそ)」などが加わって四十八品目となった。

 日本が保護するEU産品は七十一品目。例えば、イタリア産チーズ「ゴルゴンゾーラ」の名称は日本産などに利用できない。一方、塊で売られるイタリアのチーズ「パルミジャーノ・レッジャーノ」は保護対象だが、日本で浸透した表記「パルメザン」は広く粉チーズに使われており、別の種類と認識されているという日本の主張が通った。「カマンベール」「モッツァレラ」なども一般的な名称と考えられ、日本で使えることになった。

 EPA発効後は偽物への名称の使用や、「〜タイプ」「〜スタイル」といった表現が日欧でできなくなる。産品への表示に加えて広告などの使用も禁止だ。GI制度の対象になる前から使われていた同一か類似の名称は、発効から七年たった後に使えなくなる。政府は関連法を改正する。

 一方、EUで保護されるのは、これまでに日本で登録されたGI産品から、輸出に向かないと判断された一部を除いた品目。十五日付では八丁味噌や堂上蜂屋柿(岐阜県)、ひばり野オクラ(秋田県)、小川原湖産大和しじみ(青森県)、入善ジャンボ西瓜(すいか)(富山県)、香川小原紅早生(わせ)みかん(香川県)、宮崎牛(宮崎県)、近江牛(滋賀県)、辺塚だいだい、鹿児島黒牛(いずれも鹿児島県)の計十品目がGI登録され、ひばり野オクラを除く九品目がEUでの保護対象に決まった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報