東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

トヨタ全車種電動モデル 2025年ごろまでに EV10車種超投入

 トヨタ自動車は十八日、二〇二五年ごろまでに世界で販売する全ての車種にハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)など電動モデルを設定すると発表した。エンジン車のみの車種はなくし、どの車種でもさまざまな環境対応車を選べるようにする。

 今後量産するEVは二〇年代前半に世界で十車種以上を投入。性能の鍵となる電池の研究開発と設備投資に三〇年までに計一兆五千億円を投じる。EVは二〇年以降、中国で販売を始め日本やインド、米国、欧州に順次導入する。

 トヨタはHV分野で先行したが、EVの商品化では出遅れている。十三日に発表したパナソニックとの提携検討合意で、主要部品となる電池供給にめどが付いたことから開発を加速させる。HVは加速性能が高いハイパワー型や安価な簡易型など品ぞろえを広げる。燃料電池車の車種は二〇年代に拡大。高級車ブランド「レクサス」や商用車にも導入する。

 自動車の環境規制は世界各地で強まっている。寺師茂樹副社長は記者会見で、技術や投資額の面で対応が難しいメーカーが出てくるとして「電池や電動車のシステムの販売を検討する」と説明した。

 トヨタは電動車の年間世界販売を三〇年に50%以上、五百五十万台以上にするという目標を掲げている。十三日の発表でダイハツ工業などを含むグループの台数としていたが、十八日にトヨタ単体の数値と修正した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報