東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

日産本社 初の立ち入り 無資格検査で国交省

 国土交通省は二十二日、新車の無資格検査問題を起こした日産自動車の横浜市の本社を立ち入り検査した。原因と再発防止策をまとめた日産の報告書の内容が適正かどうか確認する。一連の問題が発覚して以来、日産本社への立ち入り検査は初めて。

 石井啓一国交相は二十二日の閣議後の記者会見で、立ち入り検査では経営陣からも聞き取りを実施すると表明した。具体的な対象者は明らかにしなかった。検査結果を踏まえて「必要な対応について厳正に対処する」とも語った。

 日産は「各工場での再発防止策が本社で適正に管理されているかを確認するためと理解している。検査に全面的に協力していく」とのコメントを出した。

 日産は国内の組立工場で、国の規定に反し資格のない従業員に新車の最終検査をさせていた。九月に国交省の調査で発覚した。その後も続けていたことが分かり、国内向けの出荷を停止して体制を見直した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報