東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

トヨタ、燃料電池車強化 20年以降 商用車中心に車種拡大

写真

 燃料電池車(FCV)の普及に弾みをつけようと、トヨタ自動車は二〇二〇年以降、商用車を中心にFCVの車種を拡大させる。小型バス「コースター」をベースにしたバスを皮切りに、トラックやライトバンなどの発売を検討する。燃料となる水素の需要を産業分野から増やし、水素供給網を拡充。乗用車タイプのFCVの本格的な普及につなげる。

 水素と空気中の酸素を化学反応させて発電し、モーターを回して走るFCVは、電気自動車(EV)と同様に走行中に排ガスを出さない。トヨタは一四年十二月にセダン型の「ミライ」を世界に先駆けて発売。商用車ではミライの燃料電池システムを転用した大型バスを販売し、大型トラックも運用の実証実験が今年十月から米国で始まった。

 ただ、ミライの累計販売台数は国内で約二千台にとどまり、政府が掲げるFCVの二〇年度の普及目標四万台までの道のりは遠い。水素を供給する水素ステーションが全国で約九十カ所しかない点が、普及への壁になっている。トヨタは新たな水素の需要をつくり出すため、一度の走行距離が長く、走行ルートもあらかじめ想定できて水素ステーションを整備しやすいバスやトラックに着目。二〇年以降は商用車専用の燃料電池システムを開発、小型のバスやトラックへの搭載を検討している。

 ミライも二〇年をめどに全面改良する。発電に使う燃料電池を小さくして水素タンクの配置を変えることで現在の四人乗りを五人乗りに改善する。水素タンクの数を増やして搭載できる水素の量を増やし、満タンでの航続距離を現行の六百五十キロより大幅に長い「八百キロ以上にしたい」(トヨタ幹部)考えだ。スポーツタイプ多目的車(SUV)や高級ブランド「レクサス」のFCVも構想している。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報