東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

経団連会長に日立・中西氏

中西宏明氏

写真

 経団連は榊原定征会長(74)の後任に、筆頭副会長で日立製作所会長の中西宏明氏(71)を起用する方針を固めた。一部の歴代会長に人事案を伝えた。ナンバー2の審議員会議長には野村ホールディングス会長の古賀信行氏(67)を充てる。早ければ年明けの会長・副会長会議で正式に内定し、榊原氏の任期満了となる来年五月末の定時総会を経て就任する。

 中西氏は、政府の「未来投資会議」の民間議員を務め、安倍晋三首相と近い関係にあることも決め手となった。安倍政権との連携を図るとみられる。

 日立出身者が経団連会長に就くのは初めて。もともと日立は財界活動に距離を置いてきたがこれまで会長を輩出してきた東芝は経営が不振。東京電力も福島第一原発事故の処理を抱えており、日立からの会長就任を望む声が強まっていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報