東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

大人になったらなりたいな! 男の子は「学者・博士」が15年ぶり1位

写真

 第一生命保険は四日、大人になったらなりたい職業の調査結果を発表した。男の子は「学者・博士」が十五年ぶりに一位となった。近年、日本人のノーベル賞受賞が続いたことが人気を集めた背景にありそうだ。女の子のトップは二十一年連続で「食べ物屋さん」だった。

 学者・博士になりたい男の子では「がんを治したい」「遊んでくれるロボットをつくりたい」と理系の科学者が注目を集めた。女の子には菓子店が人気で「パティシエになって人を笑顔にしたい」「病気の人でも喜んで食べてもらえるスイーツを作りたい」との声が目立った。

 男の子の二位は「野球選手」、三位は「サッカー選手」となり、八年ぶりに野球選手がサッカー選手を上回った。女の子は二位が「看護師さん」、三位は「保育園・幼稚園の先生」。調査は一九八九年から毎年公表している。今回は二〇一七年七〜九月に全国の幼児や小学生千百人を対象に行った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報